meisen_minitry2.jpg

銘仙トレー

MEISEN TRAY

モダンで鮮やかな銘仙を
​器に閉じ込めました

色鮮やかでモダンな銘仙トレーは

北欧食器のような雰囲気にもなり

普段の暮らしに自然に溶け込みます。

IMG_1892.jpg
IMG_1656.jpg
IMG_0983.jpg

約100年近く前の銘仙着物は
モダンな柄が多いのが特徴

現在、アンティーク着物の人気が再熱しており
現代アートのような銘仙は
若者や着物に興味がある外国人などを中心に、人気を集めています。

meisen_kiji1.jpg

​ 銘仙とは?

MEISEN

主に関東地域で生産され、

「アンティーク着物」という別名もある

先染めの平織りの絹織物。

大正~昭和のはじめにかけて

高い人気を誇っており

かつて、日本女性の10人に1人が

着ていたとも言われます。

※先染め技法とは、織り上げた後の図柄を計算し

白い絹糸の段階で色を染めてから織り上げていく、

高い技術力を必要とする技法。

meisen_kiji3.jpg

食卓やお部屋を華やかに演出

銘仙トレーは、色のコントラストがはっきりしているので
食材を引き立てつつも、お皿にさりげないインパクトがあり
​食卓やお部屋を華やかに彩ります。

Variation

海外の方にも人気
「絞りの着物」

日本を感じさせる和の着物デザインに
職人の技術が詰まった有松絞りは
外国人の方がお土産でもらっても嬉しい商品です。
着物をなかなか着る機会がない現代に
毎日の暮らしに取り入れることができる
布張り食器に生まれ変わりました。

arimatsu_kiji_item.jpg

有松絞り

ARIMATSU SHIBORI

美しい絞りのぼかし模様を器に

愛知県名古屋市の有松町・鳴海町地域でつくられる木綿絞り。

布をくくって染める絞りの技術で

さまざまな文様を描き出し

軽やかで涼しい感触のため

主に浴衣地として愛用されています。

arimatsu_item.jpg

「和の美・粋」を
楽しく毎日の暮らしに活かす

​霜旦舎 定右衛門商店(そうたんしゃ さだえもんしょうてん)は
「和」をテーマに、産地の職人の方や工場の方達と共に創り上げ

MADE IN JAPANにこだわり

生活の中に和の粋と美を感じられる商品をお届けいたします。

栃木県栃木市 霜旦舎 定右衛門商店 そうたんしゃ さだえもんしょうてん
soutansyasadaemonsyoten_logo_kage.png
​温故創新
"過去の事実を訪ね新しいことを知るだけでなく
それを基にして新しいことを創り上げていく"
伝統、文化、慣習の良いところを受け継ぎ
新しい発想で
毎日の暮らしに合う商品をお届けいたします。
霜旦舎 定右衛門商店ネットショップ

製作・運営会社株式会社ハチ・ビット
MAIL:sadaemon@8bit-design.jp

TOP_return_botton.png